« ダメだったソフト | トップページ | OSX 10.5 で親指シフト成る »

2008年11月 5日 (水)

プリンター と iPhoto

○ プリンター HP psc-1210

マクブクの USBハブに接続して、印刷できた。
winV(Windows/VMware/MacBook)を起動させると、自動的に winVから認識されて印刷できた。 USB機器によっては、OSXとwinVの間で、自動的に切り替えできるらしい。 この辺は VMwareの作り込みの問題なんだと思う。
これで、タイムカプセル経由でプリンターを接続する必要は無くなった。

○ iPhoto

画像を簡単に取捨選択できる画像ビューワを、ずっと探していた。 幾つも試したが、スライドショーが主だったり、操作が特殊だったりで、気に入らなかった。

期待せず、iPhotoを試してみた。 写真ファイルを D&Dして、ダブルクリックで写真を最大にして、カーソルキーで前後の写真を見れるし、deleteキーで消せる。 なんだ、ま〜くの探してたのはこれだ。 sweat01

|

« ダメだったソフト | トップページ | OSX 10.5 で親指シフト成る »

マクブク日記」カテゴリの記事

コメント

ありゃ?
iPhoto役に立っちゃいましたか?
それ以上でもそれ以下でもないツールですが、お手軽くんです。

ちゅーちゅーねずみはきっと割り込みシグナルをぶんどって制御しているので、
そういうハードがらみのソフトはVMだと苦手なんじゃないでしょか。

マクブクにWinのキーボードを付けるといろいろ便利かもしれない。
OSでキーボードを使い分けるとか。
あるいはキーアサインを変更してみるとか。

>物理マシンの仮想マシンへの変換
ってこれは、ひょっとして、物理マシンの設定をそのまま仮想マシンに吸い出してくれる
無料ソフトをダウンロードできたってことですか?
悲しいですね。
パラレルズでも物理マシンをそのままVM化できるらしいですが、
やり方が不明なんです。笑。

投稿: きく | 2008年11月 5日 (水) 23:01

さーすがキク先輩。 マクブク日記はややマニヤっぽいかも知れないらしく、レスが付かないでふ。 (^x^;

iPhoto 役に立ちました。 おまけのソフトで役に立つヤツが、きっと他にもいるんだと思います。

キーボードはね、ワイヤレスのこれを買っちゃいましたからー。 ガシガシ文章を打つにはきつそうですが、薄っぺらくて繊細な感じはま〜くにぴったしだしばき。

物理マシンをそのまま、仮想マシンに変換してくれるフリーソフト(もちろん VMwareが作ってるんだけど)が配布されてます。

投稿: ま〜く | 2008年11月 5日 (水) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/43021623

この記事へのトラックバック一覧です: プリンター と iPhoto:

« ダメだったソフト | トップページ | OSX 10.5 で親指シフト成る »