« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

MacBook から DTS 出力する方法

一昨日,マクブクの  S/PDIF 出力から DTS が出ないと書いたけど,方法が判った。

「 DVDプレーヤー 」「 環境設定 」「 オーディオ出力 」を,デフォルトの 「 システム出力 」から「 デジタル出力-内蔵出力 」に変更する。

光デジタルで接続した時点で,音が出ているし,既にデジタル出力になっているわけなので,この設定はかなり不可解。 こうすれば,DTS版のDVDディスクを入れてメニューから DTS 5.1ch を選べば再生可能。

VMware Fusion が起動している場合は,最小化していても(最小化していると,一番判りにくい状態になるが)WindowsXP が,DVDを読み込んでしまうため,OSXからはDVDが見えなくなる。

「 VMware Fusion 」「 仮想マシン 」「 設定 」「 CD と DVD 」の「 接続 」のチェックを外しておく必要がある。

しかし,マクブクで DTS音声で DVD再生できてしまうと,DVDプレーヤー ( Pioneer DV-600AV ) + スキャンコンバーター( VA BOX2 )の意味が無くなってしまう。 デジタルで映像出力されているマクブクの方が,絵の滲みが無いからだ。 なお,これは,ま~くが HDMI対応のモニターを持っていないせいであって,HDMI出力を持つDV-600AVが悪いわけではない。

操作性の点からも,DVDのメニューをリモコンの十字キーで選ぶのは使いにくいと思っていた。 マクブクの DVDプレーヤーなら,マウスで操作できていい。

どちらにしても,現在の環境では DV-600AV + VA BOX2 の意味は無いので,台所の液晶テレビに接続している一世代前のDVDプレーヤーと DV-600AVを入れ替えることになると思う。

cat これまで マクブク日記を書いてきて,分厚い書籍は一度も役に立たなかった。 Google と 勘だけが頼りであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

現在のマクブク状況

081127外部モニターの window上で,ホームページビルダーを起動しているところ。

WindowsXPのアプリの動作は,わずかにオーバーヘッドを感じることもあるが,体感的に問題なし。
ホームページビルダーでサイトを開く動作では,CPUとHDが早くなっているため,旧win機よりずっと早くて快適。

写真のレタッチは OSXの PSE6でやっているが,OSXでは親指シフトができないため,その他のことは殆ど Windowsでやっている。

Windows のバックアップは「スナップショット」という機能で簡単にできて,ひとつのファイル(に見える)になって,Mac 側の「書類/仮想マシン」フォルダに保存される。
Windows XP Home Edition という,現在 20GBほどのひとつのファイルを,他の仮想マシンにコピーすれば,そのまま動くらしい。 これだけでもマクブク・仮想マシン環境を導入した意味がある。

マクブク全体のバックアップは,Time Machine で取ればいい。 そうすると,自動的に Windowsのバックアップも取れてしまう。

一年以内に高速で手頃な SSDが出てくると思うので,そうしたらマクブクに換装したいと思っている,ま~くなのだつた。cat

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

光デジタル音声出力

マクブクはヘッドホン端子に,光デジタル丸形コネクターを挿すと,S/PDIF出力が出るようになっている。

音声
DVDプレーヤー ( Pioneer DV-600AV ),マクブク共に,光デジタルでサウンドプロセサー ( YAMAHA DP-U50 ) に接続し,ヘッドホン ( SONY MDR-F1 ) に出力している。

映像
モニター( FlexScan S2231W )の入力が,DVIとVGA 一つずつしか無いため,DVDプレーヤーは,S端子からスキャンコンバーター( VA BOX2 ) を通して VGAに接続している。

それなら,DVIで接続されているマクブクの方が絵はいいはずだ。 マクブクで DVDを見てみると ...

マクブクの光出力は DTSも出せることになっている。 でも,DTS版のDVDで,メニューからDTSを選んでも,リニアPCMにしかならない。 DVDプレーヤーの方は,同じDVDでちゃんとDTSになる。

マクブクの光出力とDP-U50の相性が悪いようだ。 あるいは 2000年に買った DP-U50が古過ぎるのか。 でも,これに変わるような機能のモノって無いんだよね。 cat

追記 : マクブクで DTS出力できました。28日の記事を見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

晴れのち曇りの信州を走る

081125

また行って来ました。

写真 はこちらです。

下仁田あたりは少し紅葉が残っているのに、八千穂高原は冬でした。 女神湖へ抜けようと思ったら、麦草峠はもう冬期通行止めなのでした。

さらに黒姫へ。 雪をかぶった戸隠山が、人をよせつけない姿を見せていました。

右膝サポーター、有効でした。 600km くらい走る時にはいーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

初めてのコンパイル

Tesla のソースをダウンロードして,ネットの情報通りコンパイルしてみた。
ネットの情報からまた少し状況は変わっているようで,すんなりは行かなかったが「 何でそのファイルが見えないんだ! > Xcode 」などと叫んだり,cpp ファイルを書き変えたりするうちに,コンパイラを通ってしまった。

動かなかった。 Kernel Extension としてロードされたのは見えたが,親指シフトにならない。 Tesla環境設定を開くと,野良ビルド のものとは違うので,Teslaの違うバージョンでコンパイルはできているようだ。

Xcode 3.0 は,使い易そうな開発環境だと思った。 15年前だったら,使ってみようと思っただろう。 今更,初級プログラマになるメリットは無いもんなぁ。 仕様書 書く方が早いしばき。

Tesla のお陰で,大変勉強になる。 ls なんて 20年ぶりくらいで打ったぞ。 まさか
sudo コマンドを打つなんて,全くの想定外であった。(須藤さんて誰ですか?とゆーボケは却下します。)

なんか,ま~くが OSX を分かっていないだけのような気がする。 どこかを,ちょっと指で押せば動く,ような気がする。 ←全く根拠無し。

そんな風に気持ちに引っかかっていれば,少しは OSXを勉強するかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

髪を切る

大宮駅ルミネの Tが無くなってしまって,どうしようかと思っていた。 家の近くにできたばかりの美容室へ行ってみた。 きれいに切れている。 カット \4,200だった。

ルミネの Tだと,カットでも予約が必要だったが,ここならいつでも切ってもらえそう。 今までは,毎月カットに行って,半月に一度は自分で前髪を切っていた。 ここは「前髪だけ \500コース」があるそうなので,それなら切ってもらった方がずっと楽だ。

ただひとつ心配なのは,開店と同時に行った ま~くの他に,誰もお客さんが来なかったこと。 空いてるのはいいんだけど,無くなっちゃうんだと困るんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

膝サポーター

右膝が少しだけ痛いことがある。 山で痛めたのかと思っていたけど,違うみたい。 山歩きするとよくなる感じなのだ。 なんだこりは?

はは~ん。 わかった。cat
右膝が痛くなってるのは,長時間(600kmとか)の運転の後なんだ。 ま~くの運転技術になにか問題があり,右足を空中で支えるやり方がいけないのだろう。 不必要な緊張があるのかも知れない。

そんなわけで,石井スポーツで膝サポーターを探したら,すごい人気商品らしく,全種類,全サイズの試着用が置いてあった。

パリパリ,ベリベリと試着していると,店員さんが「見ましょうか?」と来てくれた。 軽い方のタイプの L でいいんじゃないか,ということで決定。 巻くと,かなりしっかりした感じになる。 長時間運転する時に着けてみよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マクブクへの移行完了

ほぼ,設定が終わった。
仕舞った 旧Win機を出して来ることは,もう無いと思う。 一ヶ月くらいで捨てることになるだろう。

現在 主に使っているのは Windowsである。 理由はただひとつ(これもキーマップの変更など必要だったが)親指シフトが使えるからだ。

キーボードは Windows キーボードのいいのがあったら,変えるかも知れない。 Macの ワイヤレスのペナペナ・キーボードは打ちにくい。

ただ,ま~くは Xcode 3.0 (開発環境)bombもインストールしたぞ。  執念深く,Teslaのビルドをやるかもしれないし,やらないかもしれない。

移行の容易な(壊れた時に,ハードさえ変えれば簡単に復元できる)使用環境ができれば,それは Windows でも Mac でも構わなかったのだ。 Macそのものも,VMware上の Windowsも,その条件を満たしている。

主に Windowsを使ったとしても,面白がりま~くが,MacOSをいじらない訳がない。 だから,暇な時はOSXで遊ぶと思う。 cat

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

詩人 秋谷豊さん亡くなる

081119_6 新聞に詩を投稿し始めたのは,19才の夏だと思う。 ある夕方,郵便受けを見ると葉書が一枚届いていた。 秋谷さんからの掲載の知らせだった。 薄暗い夕方なのに,その葉書は鮮やかに真っ白に見えた。

「図書室の夏」という作品に,秋谷さんの手が入り掲載された。 その後は,そのまま掲載してくださったと思う。 その翌年に「鳩」という詩で 準賞をいただいた。

タウン誌にも投稿するように誘っていただき,そちらにも掲載していただいた。

秋谷さんに近い若い人が新しい同人誌「真昼」を始める時に,同人として推薦していただいた。「真昼」は7号まで出したんだったと思う。

その後「シューベルト歌曲集より」という作品で年間賞をいただいた。

投稿した詩の内容について,お電話をいただいたこともあったし,詩誌「地球」の会合に誘っていただいたこともあった。

「25才まで詩を書き続ける人は,一生書く。」とおっしゃっていたが,わたしは25才で書くのを止めた。

文芸的な余りに文芸的な詩人ではなく,当時のわたしなんかの作品もちゃんと読んで批評してくれる方だった。 直接教えを受けたわけではないので「先生」とお呼びすることはできないが,心からご冥福をお祈りします。


 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

VMware Fusion 2.0.1

現在,基本的に実験中なので,アップデート版を入れるのも怖くない。bomb

昨日の夜 公開された VMware fusion 2.0.1 を入れてみた。 インストール(アップデート)した後に,仮想マシンを起動し,VMware Toolsをインストール(アップデート)して終わり。 特に問題無し。
パフォーマンスが改善された部分もあるとのことで,このアップデートのペースはなかなか頼もしい。 2.0.0 が出てから一ヶ月も経ってないし。

ま~くは,ネットを巡回する時に,Firefox で 15タブ(15サイト)同時に開いているのだが,動作が早くなった。 偶然だろうか。 回線速度は,USENのスピードテストで昨日も測定したが,6.8Mbps くらいで安定していて変わらない。

cat OSの起動速度を測ってみた。

OSX 45秒
(電源スイッチを押して起動し,アイコンが並ぶまで。)
windowsXP 35秒
(サスペンドの状態から起動して,デスクトップが表示され,IPアドレスを取得するまで。)

もう旧型になってしまった,しかも一番スペックの低い ま~くのマクブクでさえ,こんなに早い。 旧Win機の時は Windowsを起動するだけで 100秒くらいかかっていた。

朝起きてネットを見る時は,OSX しか起動しないので,すごく早く感じる。 catface

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

Picasa ウェブ アルバム

Googleのやっている、Picasa ウェブ アルバム を使ってみた。
無料で 1GB は、結構使えると思う。 写真をそのままのサイズでアップできるところがいい。 ココログの写真のアップは色々と制約があるので、ココログ + Picasa という使い方は便利だと思う。

アルバムのテストにゃ。
雨の日 信州を走る

写真が表示されたら、左上の「スライドショー」を押してね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

外付けHDを接続し直す

タイカプに接続していた,500GB RAID1 HDを外して,マクブクに直接USB接続した。 次元の違う早さ。

マクブク-(LAN)→タイカプ-(USB)→HDと接続した状態では,例えば 25GBある仮想マシンのwindowsXP をコピーしようとすると,遅すぎて途中でエラーになってしまう。 遅いと言うよりも致命的。

遅い上に,1時間毎(バックアップ間隔の変更はできない)に Time Machine が帯域を奪うので,そこでエラーになるのではないか。

Time Machine はあまりにも関心しないため,TimeMachineEditor というソフトを使わせてもらって,一週間に一度だけ起動するように設定した。 簡単にシステムが復元できないバックアップなら,意味無いし。

なお,マウスはロジクールに変えました。 ちょー使いやすいです。 (^x^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧 Winodws機をしまう

2週間くらい後と思っていたが,今日は出かけなかったので,思い切ってやる。

「混沌」としか呼べない状態のケーブルを全て外し,機器をバラバラにして,きれいに拭いてからしまう。

旧Win機,HD 3台(1台は eSATAで起動用),スーパーコンボドライブ,キーボード,USBハブ 1個 をしまった。

AV機器もあるため,電源を 常時オン,マクブクと同期してオン,手動オンの3系統に分ける。 掃除と接続し直しに 3時間かかった。

季節は冬に向かっているが,マクブクはノートPC冷却台で,タイカプは風量の大きいファンで冷やす。 電子機器は冷やしておくのが無難だ。

これで,一応マクブクへ移行したことになる。 cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

muCommander

使えるファイラーを見つけた気がする。 ほかにも試していたのだが,不安定だったりして,なかなかいいのが無かった。

ツリー表示もできる2画面ファイラーで,不可視ファイルも,ファイルのふりをしたフォルダの中身も全部見えて気持ちがいい。 未だわからないが,色々な機能がありそう。

JAVAで書かれていて,どのOSでも動く。  Windows にも入れてみようかな。

muCommander サイトのユーザーの声。

"I have found jesus. He came to me in the form of muCommander."
-- A happy user

参りました。  <(_ _)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

ワイヤレス・マイティマウスに感心しない

Apple Wireless Mighty Mouse MB111J/A

は,真っ白で小判型のマウスだ。 これがひどく使いづらい。

○ クリックしにくい

致命的だと思う。 マウスの前部分全体を押し下げるようになっている。 ボタンを押すのに比べて,マウス全体を押すのにどれだけ力が必要か,考えてなくも分かる。

左右に傾けて押すことによって,左クリックと右クリック( Macでは,主クリック と 副クリック)することが可能( 設定が必要 )だが,もちろん押しにくい。

○ クリックできない状態になることがある

これは,ま~くの買った個体の初期不良なのかもしれないが ...

最初に起きたのは,Macを使い始めてすぐの頃だった。 マウスカーソルは動くのに,アイコンをクリックしても何も起きない。 ハングアップしたのだと思って,スイッチ長押しの強制終了を繰り返す。

ハッと気付いて,マクブク本体のトラックパッドのボタンを押してみると動く。 カーソルの座標位置の信号は届いているが,クリックの信号が届いていないのだ。 電池を抜いて入れ,再度 Bluetooth で認識させたら動いた。

2度目は昨日。 winV(Windows/VMware/MacBook)を使っていて何となく動作がおかしい。 VMwareがおかしいのだと思っていたが,OSXに戻ってみても,やはりおかしい。

右クリック「だけ」が届いていないという現象だった。 Bluetoothで再度認識させても変わらず。 12時過ぎていたので,そのまま終了して寝ることにした。

今日,起動したらちゃんと右クリック(副クリック)できるようになっていた。 (^x^;

どちらにしても,こんなマウスはそのうち投げ捨てる(たぶん,薄っぺらなキーボードと一緒に)のだが,Mac がだいたい分かるようになるまでは,純正を使うことにする。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

winVで親指シフト

OSX 10.5.5 上の Teslaは,どうしても動いてくれないようなので,winV(Windows/VMware/MacBook)上で「親指ひゅんQ」を動かすことにしました。

複数のブログに教えていただきました。 ありがとうございました。

○ 親指ひゅんQを使うためにキーマップを変更する
(使ってるのは,Macのワイヤレス・キーボードです。)

Macと windowsでは,キー配列が違うため,キーマッピングを変更する必要があります。

Windows Server 2003 Resource Kit Tools をダウンロードします。

RemapKey.exe を起動します。 上段の「ベースキーボード」から下段の「リマップ キーボード」へ,変更したいキーをドロップします。

「無変換」 → 「Caps」
「変換」→「ひらがな」

に,それぞれドロップします。
「保存して終了」し,Windows を再起動します。

親指ひゅんQの設定は,(VMware上でない)Windows上と同じです。

○ 日本語入力の ON/OFF

ATOK2008 の「プロパティ」「キー・ローマ字・色」「キーカスタマイズ」で,ま~くは,単独では使わない「TAB」キーを「日本語入力 ON/OFF」に設定しました。

これで,今のところ問題無く 親指シフトできています。
OSX の mi に感動したばかりですが,Tesla  が動かなくなってしまったので,まだしばらしく「秀丸」を使うことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

Tesla 復活

もう13時間もこんなことをしておりゅ。 まーマニアみたい。 こわぁい。

/System/Library/PreferencePanes/Tesla.prefPane を削除した後,Teslaを再インストール。

この方法で,ずっとOKでありますように!

11.10追記。

翌日からダメでした。 この微妙なダメさ加減が不思議。
あまり時間を使うようなら、親指シフト文字入力専用にネットブックを買った方がいいかもしれないと思う、ま〜くだつた。
Macの日本語キーボード、親指シフトに使える配列なんだけどな〜。 残念っ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しらすの中のイカさん

0811081 おトクな気分。 catface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Tesla の儚い夢

昨日寝る前に Tesla(親指シフト)が動かなくなっているのに気がついた。 そう言えば、ソフトウェア・アップデートがあった。 何気なくアップデートを許可したが、こいつか?
長引きそうなので寝ることにする。

朝 3時に開始。
アップデ−トは " HP Printer Drivers Update 1.1.1 " だった。 文字セットも扱うだろうし、こいつが怪しい。 ゴミ箱に入れて、プリンターも消してみた。 Teslaの再起動も、再インストールもしたがダメ。

でも、タイムカプセルがつないであるし〜。  動かしてみると Time machine は、過去のファイルやフォルダを復元させるためのソフトで、システムの復元は簡単にはできないことが判った。

「 Time machine に感心しない 」に書いたように、3時間かけて、アップデート前の状態にシステムを復元する。

Tesla 復活!

システムを復元したために、その後入れたソフト RealDiskBrowser が無くなっていた。 前回のバックアップ時に、ちょうどこのソフトのダウンロードの途中だったらしく、FireFoxが覚えていて、自動的にダウンロードを再開してくれて賢い。

RealDiskBrowser をインストールすると、Tesla 動かず。 犯人はこいつか! おフランス製だし怪しい。

また3時間かけて 2回目の復元。 1回目と同じ日時に復元したのに Tesla 動かず。  原因は完全に不明。

こんなに脆弱なんじゃ Tesla は使えないな〜。 と言うのが、ほぼ一日かけて得た結論。 残念っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Time machine に感心しない

Time machine が1時間毎に作るバックアップは、XP の復元ポイントと同じようなものかと想像していたが、全く違う。 システムの復元には物凄い時間がかかる。

Time machine + Time capsule についてはベタ褒めの記事しか見なかったが、こういう重要な情報こそ書いて欲しい。

○ システム復元の手順

OSX のDVDを入れる。

OSXのインストーラーが起動するので、普通に OSXをインストールするのと同じように 「 Install Mac OS and bundled software 」を選択。

再起動。

再起動後は、ワイヤレスのキーボート、マウスは使えなくなる。

「ようこそ Mac OS Leopard インストーラ」が現れるが、そのまま実行してはいけない。

メニューバーの「ユーティリティー」のプルダウンメニューから「バックアップからシステムを復元」を選択する。

リモートディスクへ接続 を選択する。

バックアップ済みデータを選択。
「 ボリューム " Time Capsule " 上の " ログイン名 " の MacBook _Mac Address  」を選択。

バックアップ日時が並ぶが、タイムゾーンが Apple本社になっているらしく、日本時間では無い。

必要な日時のバックアップを選択。

データの復元に必要な空き領域を計算中 ... 。
ハングアップしたかと不安になるくらい計算している。 10分かかった。(HD上のデータは消してしまうんだから、計算なんか必要無いと思うが。)

インストール先の選択。
Macintosh HD を選び 「復元」を選択。

軽い本なら読み切れるくらいの時間が経ってから「システムの復元に成功しました」と表示されるので、再起動。

以上、有線でタイカプと接続していても 3時間かかる。

windowsXP のシステムの復元は数分で終わる。 これは、「システム」部分だけを保存・復元しているためだと思う。
Time Machine では、システムだけの復元はできず、全HDを復元するしかない。

T.M.というのは、過去に遡って、消してしまったファイルやフォルダを復元させるソフトなのだ。 そんなものだったら要らないので、システムの復元を簡単・高速にできるようにして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

エディタ

○ mi

しかし,このエディタすごいですね。 ちょー有名なんでしょうけど。
キーバインドに emacslike と wordstarlike が付属しているところがなんとも素敵。 もちろん,wordstarlikeを選択。後で少しずつカスタマイズします。

昔はエディタは,どれだけカリカリに高速かが競われたけど,もうハードが十二分に早いので,使いやすさ,設定し易さの方が大事。 mi の設定のし易さは素晴らしい。 これがフリーとは,ありがたいありがたい。

「秀丸」も素晴らしいエディタだけど,何度やっても設定は判りにくい。 そろそろ,設定の部分は完全に作り直した方がいいのでは。(やや文脈が脱線。)

まだダウンロードして数分なのにもかかわらず,ま〜くの中では mi が秀丸を超えました。

今から,マクブク日記は ATOK2008 + Tesla + mi  の組み合わせで書いて行きます。 快適になってきました。 しかし,エディタの設定をしながらフォントを変えて行くと,Mac のフォントはふぉんとにきれいばき。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OSX 10.5 で親指シフト成る

○  Tesla

野良ビルド 様!

ありがとーありがとーありがとー sign01

Mac の親指シフト用ソフト「Tesla」は,ソースが公開されており,Xcode(OSXの開発環境)を使って,コンパイル(ビルド)し直せば動くという情報があった。 しかし,OSXを使い始めたばかりのま〜くには,まだ無理。 一所懸命検索したところ 10.5 用に改変し,インストーラーも付けて公開してくださっているサイトがあった!

そんなわけで,現在快適に親指シフトしているま〜くでふ。
ローマ字入力は指が覚えているので,使うのは使えるのだが,打鍵数の多さにうんざりしていた。 やっぱ快適〜。 catface

OSXで使えれば,もう winV(Windows/VMware/MacBook) の方は,ローマ字入力でもいいや。 VMwareは OSX ←→ win間で copy & paste できるからねー。

こんな風に徐々に,重心が OSXへ移ってゆくのであらう。 cat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

プリンター と iPhoto

○ プリンター HP psc-1210

マクブクの USBハブに接続して、印刷できた。
winV(Windows/VMware/MacBook)を起動させると、自動的に winVから認識されて印刷できた。 USB機器によっては、OSXとwinVの間で、自動的に切り替えできるらしい。 この辺は VMwareの作り込みの問題なんだと思う。
これで、タイムカプセル経由でプリンターを接続する必要は無くなった。

○ iPhoto

画像を簡単に取捨選択できる画像ビューワを、ずっと探していた。 幾つも試したが、スライドショーが主だったり、操作が特殊だったりで、気に入らなかった。

期待せず、iPhotoを試してみた。 写真ファイルを D&Dして、ダブルクリックで写真を最大にして、カーソルキーで前後の写真を見れるし、deleteキーで消せる。 なんだ、ま〜くの探してたのはこれだ。 sweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

ダメだったソフト

× チューチューマウス

VMwareと相性がわるいのかも知れない。 最初は使えそうに見えたが、一番大事な yes/no の瞬間にカーソルがぶっ飛んでしまう。 残念っ!

△ Screen Manager Pro for LCD

これはソフトが悪いのではないのだが ...
windows は VMware/OSX上で動いている。 そのために、起動した時につないである USB機器は、先にOSX が認識してしまって、windowsからは見えなくなる。 LCDのUSB接続を外して、windowsに切り替えてから接続し直せばいいのだが、現実的ではないかも。

△ au music port

これもソフトのせいではない。 ただ、使用頻度が非常に低いので、普段は USBを抜いておいて、必要な時(windowsに切り替えた時)に、接続すればよい。

12月7日追記
Screen Manager ,  au misic port ともに,問題無く動くようになりました。

! 親指シフト

かなり絶望的な状況である。 OSXには、Tesla というソフトがあり、これを使えばいいや〜と思っていたら OSX 10.3の頃からバージョンが上がっていなくて、動かない。

winV上では「親指ひゅん」が使えるかと思っていたが、mac と winのキーボードが違うためダメなようだ。

11月11日追記
キーマップの変更により,親指ひゅん が動くようになりました。

などと言いつつ、現在 ま〜くは 旧Win機を起動していないし、winVすら起動していない。 OSXを使っているようである。あ、ブラウザーを使っているだけか。 (^x^;

最近 Windows7の記事が出始めている。 Vistaをチューンした、いいOSに仕上がってきているらしい。 Windows7を待つべきだった?

いや、どちらにしろ、仮想マシンと言うおもしろいモノをま〜くは避けて通れなかっただろう。

OSXはなかなかいいと思う。 ただ、ユーザー数の多さに支えられた winodwsの「よいアプリ」の力も、なかなかのものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

Corona Extra

Guinness に飽きたら、Conrona 。
Coronaにライムを突っ込むのはいい。 10本は飲めそう。

泡がシュワッとでたところを撮りたかったけど、これ Ktaiだし。
トルティーヤより、サルサソースが美味かった。

すこし前。 早めに終わった出張の後で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬タイヤにする

3年過ぎたので、今年は買い換え。
さいたま市あたりでは、冬タイヤが出てくるのが遅い。 やっと一週間前に価格が出たが、原油が高い時に製造されたため、上がっていると言う。 今年はタイヤ 5本と ホイール1本を頼んだ。

FALKEN →  ダンロップ→ ヨコハマ と1万円ずつ高いらしい。
「おすすめは?」
「普通の方なら FALKENなんですが、ま〜くさんだったらヨコハマだな〜 と工場長が言っております。」
1本(工賃含む) ¥15,400 と、安くは無い。

とゆーわけで、ヨコハマ iceGuard iG30 をがっつり履いて、1本は後ろに乗っているという安心。

関越、車坂峠、碓氷バイパス、一般道を 300kmほど走って見ました。 タイヤって3年でこんなに進化するものなの? 3年間履いていた一世代前の iG20 は、乗った瞬間に ぶにゃっとした感じがしたけど、iG30は ほぼ夏タイヤと区別が付かないくらい、剛性が高くなっている。

雪の上を積極的に走るつもりは無いけど、雪の上も滑らず走ってくれたらいいな。cat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

もっとアプリ移行

☆ 物理マシンの仮想マシンへの変換

http://www.vmware.com/pdf/migrating_physical_pc_to_fusion.pdf

うそ~! ← こういう時にこそ使う言葉。
知らなかったぞ、こんなことまでできるとは。 いままで ま~くが Windows/VMware/Macbook(以下、winV)でやったきたことは無意味だったのか。(TxT)

いーんだ、その過程で色々と学んだからね。 もうすぐ終わるし。

Macを選んだ理由のひとつに「移行アシスタント」が素晴らしいらしい、というのがあった。 「マクブク日記」で書いてきたような移行の手間が、Macなら殆ど無くなる、と思ったのだ。

しかし windowsでも物理マシンを仮想マシンに変換できるとは ... 考えてみれば、全然おかしくない。

○ ATOK 2008 for Mac

たぶん、じわじわと使いやすさが判ってくるはずのソフト。
全角入力中に半角空白が入力できるようになっただけでも、非常に使いやすい。 (「ことえり」では、shift + スペース を押す必要があった。)
Macの日本語変換の標準に付けてくれればー、と思う。

☆ マウスで右クリック

ま~くは、Wireless Mighty Mouseを使っているが、のっぺらぼうでボタンが無いため、ワンボタンマウスだと思っていた。 また、デフォルトではそう設定されている。

ワンボタンの GUIは Macの伝統ではあるが、dogmatic 過ぎないかそれは、と思っていた。 controlを押しながらクリックするのが鬱陶しい。 もう、ツーボタン・マウスを買おう!と思って Amazonを開いて、ハッと思った。 設定があるのでは? ありました。

のっぺらぼうだけど、右側を押した時に右クリック(副クリック)に設定できるのだ。 しかし、このマウスだけは使いにくいと思う。

Windows/VMware/Macbook(以下、winV)へのソフト移行を続ける。

○ QuickTime  / Flash player / Adobe Reader
Firefoxで説明ビデオを見ようとしたら、プラグインが入ってなかった。
Adobe Reader は、もう9なんだ。

旧win機 と winVを切り替えながら使っていると、非常にややこしいので、winVのCLaunch に登録したアプリは、旧winの CLaunch 上から消して行く。

○ Screen Manager Pro for LCD
ナナオのモニターと USB接続して、アプリ毎のディスプレーのモードを切り替えるソフト。 文書関連は Textモードで、レタッチやブラウザは Pictureモードで。 モード毎に明るさの設定が保持されているから、とても使い易い。

○ auのUSBドライバー と au music port
W52CA (ま~くの ktai)の USBドライバーが、あっさりと入って通信できたので、ちょっと感動。 仮想USBは完全に動作するようだ。

インストールしようとして、ファイラーから unzip できた方が便利なことに気づき、unzip32.dll と、ついでに unlha32.dll を入れた。

au music port なんて入れたくないのだが、アドレス帳の編集機能が付いてるので。

かなり進んで来ました。cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »