« エンゼルトランペットの香り | トップページ | VMware Fusion 2 »

2008年10月27日 (月)

小さなことからコツコツと

☆ 複数ファイルをドラッグする方法

OSXで、ウインドウサイズを変更する方法は調べて判った。(どうしても必要な操作なので、すぐに調べた。)  Windowsのようにウィンドウのどこを持ってもサイズ変更できるのではなく、ウィンドウ右下を引っぱらなくてはいけないのだ。

複数ファイルをドラッグする方法の Win と OSX の差異は微妙だ。

複数ファイルを選択して、ドラッグしようとして、どれかのファイルを掴もうとすると、そのひとつのファイルだけが選択されてしまう。 うまく行く時もある。
やっと法則を発見した。 Winでは、ファイル名の列の上のどこを持ってもいいが、OSXではファイル名の上(ファイル名の表示されている場所)を持たなければいけない。

☆ ファイルの共有

OSX と Windows/VMware/MacBook(以下 winV)のファイル共有が、なかなかうまくゆかない。 エラーは OSX → winV あるいは winV → OSX により違うが、付き合いきれない感じ。 同じハードなのに、USBメモリでデータ交換することにした。
OSXで USBメモリを挿してデータを書き込み、一度抜いて、winV に切り替え、(同じ USBポートに)USBメモリを挿してデータを読み込む、という感じ。 なんだかなあ、と思うがこれが早くて確実。

winV上へのソフトの移行を続ける
☆ IrfanView

この画像ビュアーがあるから、ま〜くは素早い写真のアップができる、と言ってもいい。 これに近い OSXのソフトを探さないと、PSE6と言う素晴らしいレタッチソフトが活きない。

これも、コピーしたフォルダから起動、少しだけ設定して使えるようになった。

☆秀丸
すでに動いていたが、表示設定を幾つか。 秀丸は完全カスタマイズ可能なエディタだが、設定はメニューが深くてとても判りにくい気がする。 結局ググる。 気持ちよく使えるようになった。

あーそんなことをしていたら、IrfanView@winV で浅間山の写真の選別はサラッと終わったのだが、もうレタッチしている時間が無い。 また明日〜 (^x^)/

|

« エンゼルトランペットの香り | トップページ | VMware Fusion 2 »

マクブク日記」カテゴリの記事

コメント

MacOSと窓のファイル共有ですが、
Public フォルダでやりとりはできないでしょうか?
マクからはエミュ上のPublicフォルダにファイルを入れないと
窓からは読めないはずです。
窓はHFS+が読めないのでマクのHDDにはアクセスできないはずですから。

そっか、ドラッグは微妙に違うんですね。
根っこがマクなので窓使ってもあまり違和感がなかったです。

がんばっていますなあ。

OSに依存しないアプリであるのが、夢のアプリですね。
そういう意味ではウェブアプリの方向はうれしいです。
OSをいちいち意識しなくてはならないのはOS=黒子の理念に反しますよね。

投稿: きく | 2008年10月28日 (火) 21:10

ところが、どんな魔法を使っているのか winVから マクブクのフォルダが共有されていて、テキストファイルとか winVから読めるんですよ。 だけどコピーがうまく行かない、と書いたのは昨日のことでしたが、今日非常に簡単であることが判りました。
仮想マシンって、すごいですね。(^x^;

投稿: ま〜く | 2008年10月28日 (火) 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/42926269

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなことからコツコツと:

« エンゼルトランペットの香り | トップページ | VMware Fusion 2 »