« タイヤに木ネジ | トップページ | 右下は 2階建て »

2008年7月23日 (水)

ATOK 2008

ま~くは,かな漢字変換には寛容だ。
アルファベットしか使えない頃からのPCユーザーだし,最初に買った日本語が使える機械は OASYS(富士通のワープロ)だったような気がする。

そんなわけで連文節変換も使わないし,単語が正しく変換されてくれればいい。 連文節変換で違う変換をされると思考が中断されてイヤ。

それしか要求していないのに,MS-IMEが使いにくい。 異常な候補が出る。 ま~くのW52CA(カシオの携帯)に入っている ATOK for au の方が遙かに賢い。

現在 MS-IMEの開発は中国で行われているらしい。 日本語を使わない国で開発したら,そりゃダメでしょう。

ATOKがいいのはわかっていた。ちょっと高いので考えていたが,やっと買った。 ダウンロード販売 \6,615 より Amazonのパッケージ売り \6,507 の方が安いのは何故?

|

« タイヤに木ネジ | トップページ | 右下は 2階建て »

デジタル」カテゴリの記事

コメント

どうせ買うならワープロソフト付(あえて名前は言わない)パッケージの方にすればいいのに。

投稿: うし | 2008年7月23日 (水) 22:23

いや、どうせなら◎辞苑つきのほうが。笑。

投稿: きく | 2008年7月23日 (水) 22:36

両方考えたのですが ...

家ではワープロを使わないしぃ。

広辞苑第5版は持ってるし,DDWinと組み合わせてあるので,クリップボードに copyされた瞬間に辞書引きされる環境が既にあるのでふ。

投稿: ま~く | 2008年7月23日 (水) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATOK 2008:

« タイヤに木ネジ | トップページ | 右下は 2階建て »