« やきそばパン | トップページ | 大峰沼 »

2008年1月12日 (土)

AKG K271 Studio

ま~くのオーディオ・ビデオ環境はこんなだ。

0801121CD/DVDプレーヤーは Panasonic DVD S-50という マルチディスク・プレーヤー。 1万円ちょっとで買った。 光デジタルだけ使うつもりだったので,安いプレーヤーでいいと思った。

0801122 スピーカーは オンキョーGX-70AX。 一万五千円くらいで買った気がする。
現在はデジタル入力がある GX-100HDが出ている。

高音がややうるさいので少し絞るといいバランスになる。 この価格ではベストバイ。 クラシックも十分聞ける。 プレーヤーとは オーディオテクニカのがっちりしたラインケーブルで接続。

0801123

アイオーデータ VA BOX2。 S端子ビデオをVGAに変換するアダプター。 プレーヤーのS端子ビデオ出力をPCの液晶ディスプレーに出力する。 1万円ちょっと だったような。 VGAの1,280x1024出力に対応しているのがえらい。

0801124
SONY SDM-M81。 18.1型,1,280x1,024。
まだ,DVI接続での互換性が問題になっていた頃のモノ。 ふだんは,コントラスト,明るさともかなり下げて使っておりまふ。

PC とは DVI,DVDプレーヤーとは VA BOX2経由で VGA接続。
もう7年くらい使っている。 買った時は,15~6万円とモノスゴク高かった。 そろそろ,応答速度の速い液晶に買い換える時期ではある。

0801125_2 YAMAHA DP-U50 マルチメディアサウンドプロセサー。
ビットストリーム入力(今は当たり前)で,DTSに対応。 スピーカー2本で,バーチャルな 5.1ch 音場が作れる。 確かに音が後ろから聞こえたりするが,少しウソっぽいのは仕方ない。 でも,DVDではSF・ホラーしか見ないので十分楽しめる。

買った時は4万円くらいした。
今は,CDを聞く時のヘッドホンアンプとして主に使っている。
そのうちオンキョーの SE-U55SXあたりに変えたい。



0801126 SONY MDR-F1 完全オープン型ヘッドホン。 2万円くらい。
オープンと言うか,スピーカーが空中にぶら下がっているような形をしている。 こんな形状なので,どっしりした低音は出ないが,映画を見るにはいい。  大きいが軽く,装着感は抜群。

0801127 今日,こんなのが来ました。 前から気になっていた,AKG K-271Studio。
オン・ステージ,スタジオモニターのため,完全密閉型。 ロングセラーのひとつ。
\18,800 Johshinから購入。

0801129 耳覆い型なので,MDR-F1と比較しても大きい。 装着感は悪くないが,夏は蒸れそう。 密閉型だからにゃー。


音にはモノスゴクは期待はしていなかった。

よい音のヘッドホンが欲しければSTAXを買えばいいのだが ... コンデンサー型のため高電圧(580v dc)がかかっていると思うと扱いに気を使うし,基本的に開放型の構造である。 生活雑音のある現在の住環境では密閉型が欲しかった。

いわゆる,スタジオモニターと呼ばれるレベルのものを過去に幾つか買ったが,満足できるモノは無かった。

AKG(アーカーゲー)はオーストリアの音響機器メーカーで,スタジオ用のマイクで有名。
この AKG K271Studio は,発売されて5年以上経つロングセラー。

まず,ポリーニのショパンのポロネーズ6番を聞いてみた。 きれいなタイトな音で破綻が無い。

次にアバドの振った幻想交響曲の「断頭台への行進」を聞く。 ちょー久し振りに引っ張り出したので,アバド/ベルリン・フィルだったと勘違いしていた。 あれ,音が違うぞ。 シカゴ響みたいな音だ,と思ったらそうだった。 (世界の超一流の中では,シカゴ響は金管楽器の音の華やかさが違う。) もちろん,他のヘッドホンでも判るだろうが,音色の違いがよく判る。

遠い音もよく判る。 この曲では,演奏が舞台裏と指示されている楽器があることも思い出した。 そんなこともみんな聞いて判る,スタジオモニターと言えるヘッドホン。

音質ではSTAXには及ばない(もちろん,値段も違う)と思うが,2万円以下でこの音は◎!

|

« やきそばパン | トップページ | 大峰沼 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

わーん、やっぱりマニヤだったんだ〜。
おいらのなんか、ラジカセにパソスピーカーはタイムドメインライトなだけだぞー。
オンキョーのシスコンでいいので欲しいなり。
テレビはソニーの21インチでビデオもソニーの安物VHS。
昔はβのSL7持っていたんだけど引退したし。
ビデオソフトは時間食いなのでだめです。
音だけだと「ながら」できるけどビデオ関係はそうはいかんです。

投稿: きく | 2008年1月15日 (火) 23:10

マニヤぢゃないもん。

マニヤなら絶対STAX使ってるし,電源ラインにトランス入れたりするし,オヤイデの純銀線のテーブルタップがいいとかゆったりするんだよ。 危険にゃっ。

(昔から言ってるんだけど)100万円のオーディオ装置は買おうと決心すれば買える,だけどオーディオ装置を置く環境は買えない。 だから,ある程度以上は頑張らないです。 (^x^;

投稿: ま~く | 2008年1月15日 (火) 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/17665681

この記事へのトラックバック一覧です: AKG K271 Studio:

« やきそばパン | トップページ | 大峰沼 »