« 大峰沼 | トップページ | 50,000km »

2008年1月14日 (月)

かなしいお話

吾妻耶山を8時間歩いて,上牧駅へ戻って来たときのこと。

身支度していると,体についた粉雪が水になり始めて,ぷるぷるしてきた。 暖かいモノが欲しい。 上牧駅前に自販機が一台あった。 ネコカミ号にちょうど \120あったので,駅まで行く。 かじかんだ指でなんとかお金を入れる。 「ガチャン」 百円玉が拒否される。  「ガチャン」 拒否される。

ネコカミ号へ行って千円札を取って来た。 千円札は受け取っていただけた。 よし,もう何でも買えるぞ。 ボタンを押す一瞬前に,大きい方(500cc/\140)が目に入って,それを押した。 それは冷たーいお茶だった。 この時期,冷たいお茶を置くなー! 雪がぶっ飛んでいる駅前に置くなー!

ま~くは大人だから泣かなかったけど,猫神様 だったら泣いちゃうよ。 だから,あったかいお茶 350cc/\120 もやっぱり買った。 あう。

|

« 大峰沼 | トップページ | 50,000km »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

「冷た~い」方の自販機内の温度と駅前の外気温とどちらが低いのでしょうか。ひょっとして外気温の方が低かったりして。
ていう事は、冷たいと思っていたお茶も相対的には「温か~い」お茶だったという可能性も。

投稿: うし | 2008年1月14日 (月) 19:27

うにゃー、だけどあったかいお茶が飲めてよかったにゃ。
猫神様は自販機だとお金入れるところに猫手が届かないにゃよ。きっと。

投稿: あにゃこ | 2008年1月14日 (月) 23:38

温度の確認は致しました。 冷たーいお茶は,冷たかったです。

猫神様でもぴょんぴょんすればお金が入れられんにゃよ。 でも,\120だと,3回ぴょんぴょんしなきゃならないから大変だにゃ。

投稿: ま~く | 2008年1月15日 (火) 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/17690951

この記事へのトラックバック一覧です: かなしいお話:

« 大峰沼 | トップページ | 50,000km »